FC2ブログ

冬の奈良を歩く③《鹿がドンと頭をぶつけて・・》

ボス弁:季節のこころ模様
01 /26 2018
冬の奈良を歩く③
《鹿がドンと頭をぶつけて・・》


飛火野の真ん中の方に歩いて行った。

そこで前回の写真の木を撮っていたときのことだ。
3歳ぐらいの子を連れた家族がこの木の近くで遊んでいた。
突然、鹿がその子にドンと頭をぶつけた。
尻もちをついた子は大声で泣き出し、
お父さんがあわてて子を抱き上げた。

はっきりとは見なかったが、
鹿に悪さでもしたのであろうか。

ただ、それだけの話しではあるが、その時、ふと思った。
私などは3歳当時のことをほとんど覚えていないが、
この子の場合、この事件は記憶に残るのだろうか。

私は見ていただけにすぎないけれど、
この木の近くに来たときには
いつもこの光景を思い出すような気がする。


木
中央が被害者の子と父親、右の鹿が犯人!事件に驚く周囲の人々



(弁護士 大澤龍司)

コメント

非公開コメント