FC2ブログ

水清く、風爽やか~新緑の妙高高原に遊ぶ

ボス弁:季節のこころ模様
05 /11 2017

新タイトル画像(妙高高原)※

今年のゴールデンウィーク、3泊4日で妙高高原に行ってきた。
天気も良く、冬の寒さもなく、夏の暑さもない快適な旅行だった。
その時に撮影した写真を中心にして、妙高の素晴らしさをお届けする。
あまりうまい写真ではないが、爽やかさを感じていただきたい。


別荘外観
林の中のこの別荘で3泊4日を過ごしました


3泊したのは好田先生の別荘だ。
私が高校3年の時の担任の先生だったが、その後、大阪外語大学の教授にもなられた。
事務所に来られた時、妙高に家があるという話をされ、写真を見せてもらった。
よほど写真に見入っていたのだろう。

その後、しばらくして好田先生から電話があった。
《ゴールデンウィークに妙高に来ませんか?》というお誘いだ。
喜んで行かせてもらうことにした。

別荘は、妙高高原のいもり池から徒歩で約20分程度のところにある。
周りは林で、別荘がポツン、ポツンという感じで散在している。
建物は北欧(確か、スウェーデンとか聞いた気がする)から輸入したものである。
木造の1階は広い吹き抜けのリビングと寝室が1部屋、2階に個室が2部屋のシンプルな造りだ。
先生とはリビングで話をしたり、食事をしたりした。
一休みしたければ、《すみません、30分ほど部屋で休んできます》ということで、2階の部屋に行けばいいので、気楽に過ごすことができた。

リビングの奥の壁には、秋の池の写真が飾られていた。
いい写真だった。
《プロが撮影したものですか?》
と聞くと、先生がイギリスに留学したときに撮影したものだという。
階段にも印象に残る写真があった。
ほぼモノトーンに近いもので、浜辺に船が置かれているという感じのものであった。
それもイギリスでの写真だという。
本当にうまい。


好田先生撮影写真②
すごくうまい写真その1

好田先生撮影写真①
その2-浜辺の小舟を写したもので、ほとんどモノトーンみたいな感じ


写真の話が続く。
《同じ場所で同じ写真を撮っても、人によって全く違う写真ができるというのはどういうことだろう?》という話もした。
どの瞬間に何をどのような大きさと角度で撮影するのかというところに、カメラマンの人柄が表れるのかもしれない。
又、先生が壁にかかっている絵(新聞の切り抜き)を見て、《これ、誰が描いたかわかる?》と言った。
抽象画で色使いもなかなか達者なものだった。
ミロ?モンドリアン?・・考えあぐねていると先生は言った。
これはイギリスにいたチンパンジーが描いたものだと。
それに感心して、新聞記事を切り抜いて、壁に飾っているのだと。

先生に作っていただいた食事を食べた後も、お酒を飲みながらの話が続いた。
サルでも絵が描ける!
《すごいですねぇー》


リビング
このリビングで夜遅くまで話がはずんだ


気づいた時には夜11時30分を過ぎていた。
妙高の第1日目は楽しい話で盛り上がった。

(弁護士 大澤龍司)

コメント

非公開コメント